義経立ち絵(背景透過)(改)A.png

源 義経(牛若→遮那王→義経)

主人公。
野心家でうぬぼれやすく、自分の欲求を満たすために思い切った行動をとる。
短気で感情の起伏が激しいが、情に厚く、涙もろい一面も。
兄頼朝の意図をくみ取れず、最悪の敵に回してしまう。
自らの行動に迷いが無く、カリスマ性がある。
「俺の前に立ちはだかるものは、みんな敵だっ!」

武蔵坊 弁慶

豪胆で大胆不敵、恵まれた体格と鍛え上げられた肉体を武器に戦う。
 しかし教養も相当に積んでおり、常に冷静に義経をサポートする。
 義経一行のブレイン的な存在でもある。
 義経の相棒であり、半身のようでもある。
 「殿、ここは弁慶めにお任せ下さい」

弁慶立ち絵(背景透過)(改).png
頼朝立ち絵(背景透過)(改).png

源三郎頼朝

義経の腹違いの兄。
圧倒的な威厳を持ちつつも、心の弱さが表に見えてしまう。
裏切りと権力に奔走される時の権力者。

佐藤四朗忠信

義経が秀衡の元から発つとき、兄と共にその護衛につけられた武士。
兄は佐藤三郎継信。
大人しく優しい性格だが、偉大な兄、継信を尊敬しており
兄のような武人になるのが夢。

忠信立ち絵(背景透過)(改)A.png
静立ち絵(背景透過)(改).png

静御前

義経の妾
京都にて白拍子(謡曲を歌い舞う踊り子)を務めていたが義経の目に留まり妾となる。
絶世の美女で、その舞の腕前も一流。

常盤

義経の母。
源義朝の妾となり、今若、乙若、牛若(後の義経)を出産。
強い母性を持ち、息子たちの命を第一に考え生きてきた。

常盤立ち絵(背景透過)(改).png

Copyright © 2020 Scarlet All Rights Reserved